postheadericon 歯を美しく魅せる

歯を診断する

審美歯科とは、その名の通り歯を美しく見せる治療を行います。
例えば、審美歯科では大きくズレた歯を削り歯並びを良く見えるよう治療を行ってくれます。
また、銀歯を白く見せたり、虫歯によって変色した歯を白くすることもできます。
審美歯科は美しく見せることが目的ですので、場合によっては健康な歯を抜いて新しく差し歯を付けることもあります。
短期間で歯を美しくすることができますが、ゆっくりと治療をすすめることが出来る場合や、成長期の子供の場合は矯正歯科を利用する方が多いようです。

歯の並びを改善する
矯正歯科ではできるだけ自分の歯を活かし位置を動かして整え、噛み合わせを良くします。
基本的には矯正装置を使って時間をかけて正しい噛み合わせ(歯並び)へ近づけていきます。
矯正までの時間はかかりますが、自分の歯を活かすことができるのが最大のメリットです。
一見、審美歯科より矯正歯科の方が良く聞こえますが審美歯科は時間をかけずに治療を進めることが出来るメリットがあります。
目的に応じて歯科を使い分けることが大切です。

postheadericon 矯正歯科と健康

治療方法を考える

そういった意味では、悪い歯並びを改善する矯正歯科も審美歯科の一環だと考えられます。
しかし、矯正歯科には他の目的もあります。
歯並びが悪いという事は、噛み合わせも悪い可能性が大いにあります。
噛み合わせが悪いと、歯の最大の役目である食べ物を噛み砕く事が満足にできない事になります。
そうなると、胃や腸等に余計な負担をかける事となります。
その事は、当然、様々な病気の原因となります。
つまり矯正歯科は、全身の健康の為に必要な治療なのです。
また、歯並びが悪いと歯ブラシが届かない場所が存在する可能性があります。
ですから、矯正歯科は、虫歯予防にも必要な治療となります。

一般歯科について
歯科といっても、治療や診療内容によって種類があります。
一般歯科は、虫歯の治療や歯周病の治療・入れ歯の作成などを行っています。
歯の定期的な検診や診察を行ってくれます。
必要があれば治療や手術なども行います。
近年では、歯のホワイトニングや手磨きで落としきれないバイオフィルムやプラークを除去するPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)と呼ばれるプロによる歯のクリーニングなども行っています。

postheadericon 緊急性は少ないが重要

歯科医の先生

歯科には審美歯科、矯正歯科という診療科目があります。
この2つは、虫歯や歯の欠損等に比べると、緊急性が少ない治療だと言えます。
緊急性の少ないという事は、必要性がないと考えるのが妥当です。
従って、この2つ診療科目の治療を受けた事がない人も多くいると思います。
そもそも歯科に率先して行く人は、とても稀な人です。
ですから、必要性を感じないのならば、治療を受けないのは当然の事だと言えます。
しかし、審美歯科、矯正歯科共に、とても重要な治療なのです。

審美歯科の目的
歯の最大の役目は、食べ物を噛み砕く事です。
しっかりと歯で食べ物を噛み砕けばこそ、飲み込んだ先にある胃や腸等は正常に機能します。
ただ一方で、歯は目立つ場所に位置していますから、人の印象を左右する役目も担っています。
他人に良い印象を与えたいと思うのが、通常の人間心理です。
言い換えれば、悪い印象を与えてしまいそうなものは、隠してしまいたくなるものであり、人によってはコンプレックスに感じてしまうものです。
そういった人間心理を考え、歯の見た目を改善する治療が審美歯科です。
代表的な治療として挙げられるのは、歯を白くするホワイトニングです。